教育方針Educational Policy

  • TOP
  • 教育方針
利他やさしさ」 「英智かしこさ」 「剛健たくましさ
次世代リーダーの品格を育む

朝日学園では「個性を伸ばすハイレベルの教育」を建学の精神に、幼小中高が連携して、次世代を担うリーダーたる人間の育成を目指しています。

朝日塾小学校が目指す児童像は「やさしい子」「かしこい子」「たくましい子」。他者を思いやるやさしい心と、自ら考え自ら進んで学ぶ力を持ち、健やかな身体としなやかな精神を兼ね備えた子どもを育てることを教育目標に掲げ、人としての品格を高める教育と、確かな学力をつける指導に力を注いでいます。

品格教育

他を思いやる豊かな心
利他の心を持った子どもを育てる

本校の教育目標の一つである「やさしさ(利他)」は、他者の尊厳や人格を尊び、協調・協働する豊かな心と気品を備えた子どもを育てることを意味します。よい子になるための、よい言葉遣い、良い行動、よい人間関係の在り様の指導を丁寧に行っています。

品格教育
志教育

志教育

具体的に夢を持ち、目標を定め、志を立てることを指導する授業を行います。

礼法指導

礼法指導

あいさつのできる子どもを育てる指導や、しつけ・マナーを重視した指導をきめ細かく行います。

読書推進

読書推進

言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、創造力を豊かにする読書活動や、図書館活用教育を推進します。

学力形成

確かな学力をつける
わかる・できる・身につく授業

全教科を通して言語能力の基礎を培い、自分の考えを言葉で表現する力や、互いの考えを尊重して言葉で伝え合う能力を育てます。
教員は授業力向上のため、授業法の研究や授業自己評価を通して、自分の授業を振り返り、資質の向上と専門性の確立に努めます。

学力形成
調べる・まとめる・伝える

調べる・まとめる・伝える

主体的に学ぶ能力や態度を育成します。単元終了後に自己評価を行うなど、指導方法を工夫して自己学習の楽しさを習得させます。

6年間で7,956時間

6年間で7,956時間

公立小学校に比べ、授業時間は6年間で約2,350時間も多い7,956時間を確保。4年生からは中学受験に対応した習熟度別授業も行います。

真の教育を創造する

真の教育を創造する

知育だけに偏ることなく、人間の成長の基礎である情操を養うことにも注力した全人格的な教育で、人間的にも魅力ある子どもを育てます。

身体育成

しなやかな精神を支える
健やかでたくましい体づくり

教育目標の「たくましさ(剛健)」が目指すのは、何事に対しても、たくましく向かっていける健康なる体と、ねばり強く、しなやかな精神を身に備えた子どもを育てることです。緑に囲まれた広い運動場や体育館(グリーンホール)での体育の授業だけでなく、食育にも力を入れています。

身体育成
体力向上

体力向上

体育の授業や運動会等の体育行事のほか、業間休み・昼休みを利用した運動や外遊びに親しめる工夫をし、健康教育の充実に努めています。

食育

食育

食の安全にこだわり、栄養バランスの取れた給食の献立には、郷土料理や国内外の伝統食も取り入れ、食に関心を持って楽しく食べる工夫をしています。

次世代リーダー養成

国際感覚と情報活用能力を身につけ
本校独自の「表現科」で伝える力を養う

高度に発展していく情報化社会において不可欠な情報活用能力や、グローバル化する現代を生き抜くための国際感覚。これらを身につけるための教育に加え、自分の考えをきちんと伝えるプレゼンテーション能力を本校独自の「表現科」で養い、次世代のリーダーを育てます。

次世代リーダー養成
表現する国際交流

"表現する"国際交流

ネイティブによる週2時間の授業で英語を学ぶだけでなく、国際交流の機会を設け、英語で自分を表現することの大切さと楽しさを教えています。

情報教育とICT推進

情報教育と ICT推進

情報活用能力を伸ばす情報教育を充実させ、情報通信技術(ICT)の活用を積極的に進めています。