お知らせ・イベント

2020.08.05

「Aノート」を更新。朝日塾小学校・斉藤校長のコラムです。

「Aノート」を更新。朝日塾小学校・斉藤校長のコラムです。
教育情報コラム「Aノート」を更新しました。
夏休みを前に、朝日塾小学校の斉藤輝三校長によるコラムをお届けします。
一部をご紹介すると…

【短くなった夏休みを有意義に過ごす方法】

新型コロナウイルス感染拡大防止のために、年度末・年度初めは臨時休校となり、5月25日から学校が再開されて子どもたちの笑顔が戻ってきました。
朝日塾小学校では、臨時休校のために学習に遅れが生じることがないように、家庭学習に必要な課題を出したり、ICTの活用等により指導を行ったりしてきました。ZOOMを利用した朝の会やYouTubeによる授業配信、Googleが提供する「G Suite for Education」の「Google Classroom」を活用して、先生と児童をつなぐ双方向のコミュニケーションも取り入れました。また、夏休みを短縮し、8月7日まで授業日を延長することで授業時数は確保され、予定していた学習内容を完了できそうです。
児童の中には、夏休みが短くなり、残念に思う子もいるでしょう。そして、短い夏休みをどのように過ごさせるべきか、新学期に向けて不安を感じている保護者も多いことと思います。そこで今回は、コロナ禍の夏休みの有意義な過ごし方について、アドバイスをさせていただきます。

つづきは、My Pageにログインしてご覧ください。
まだMy Page会員でない方は、この機会にぜひご登録ください。
お問い合わせはこちら 0120-151-944