Methodメソッド

豊かな人間性を育む
「朝日塾メソッド」

朝日学園グループは、お子さまの個性を伸ばし、より高い目標に導くことを建学の精神とし、1981年の開園時から一貫した教育を行っています。「確かな学力と人間的な魅力を併せ持つ子どもに育てたい」。幼稚園から大学入学まで、幼・小・中等で連携してきた本学園だからこそのメソッドがあります。

小学校校長からのメッセージ

本学園では、幼稚園・小学校・中等教育学校を通じて、建学の精神である「個性を伸ばすハイレベルの教育」に則り、一貫した教育方針のもと指導が行われています。

子どもが志望する中学に入学できるだけの、確かな学力を付けさせたいという思いは、どの保護者も持たれていることでしょう。実現のためには、カリキュラムや教職員のレベルアップとともに、心の優しさを醸成していくことも欠かせないと考えます。学力向上だけでなく、人間的にも魅力ある子どもを育てていかなければなりません。

基本的な生活習慣、学習習慣が身についていれば、おのずと学力が付いてくると、私たちは考えています。朝日塾幼稚園の先生たちが、日々の保育でしっかりと基盤づくりをしてくれるからこそ、小学校で学力や人間力を伸ばすことができるのです。

これから子どもたちは、自ら表現したり、発表したりといった、能動的に発信することを求められます。その助けとなる朝日塾小学校独自のカリキュラム「表現科」は、書くこと、話すこと、聞くことなどを通して、目的や意図に応じて、自分の考えや体験したこと、調べたことをまとめたり、表現したりできる力を付けることを教育目標としています。

また、朝日塾中等教育学校では、開校時よりオリジナルの教科として「ディスカッション科」を設け、ディスカッションやディベートで自らの考えを積極的に発信できる、世界で通用する表現力を育んでいます。
学園を通じた一貫した教育目標のもと、少人数制で丁寧な指導が行われており、大きな集団ではあまり自己を発揮できなかった子どもたちが見違えるように学力や人間力、表現力を伸長させている姿を見ることは大きな喜びです。

(朝日塾小学校 校長 斉藤輝三)

一貫教育

小学生との交流

小学校を訪問し、図書室や英語室など、幼稚園にはないさまざまな教室を見学しながら、ひと足早く「小学校のお兄さん・お姉さん」の気分を味わえる交流会を毎年開催しています。初めはお互い少し緊張気味ですが、帰る頃にはすっかり仲良しになっています。

中学生との交流

中学生が職場体験で幼稚園を訪問する機会があります。工作や鬼ごっごなど、中学生が楽しい遊びを計画してくれ、園児たちは大はしゃぎ。小学生よりも年上で、先生たちよりも年が近いお兄さん・お姉さんとの交流は、子どもたちに良い経験と刺激を与えています。

小学生の交流会感想

お問い合わせはこちら 0120-151-944