園ブログ

2020.04.18

WAKUWAKU SATURDAY(第一園舎)

今年度初めてのWAKUWAKU SATURDAY。
年中さんは第一園舎のクラスにも慣れ、友達と関わって遊ぶ姿が見られています。すみれ組ではブロックを繋げ、街をイメージしながら道作りをしていました。タイヤ付きのパーツを車に見立てたり駐車場や道路わきの木を設けたりして楽しい街ができています。
あやめ組では電車のフロアマットを並べ、車や電車を走らせていました。するといいアイディアを思いついた友達が近くの積み木を持って来て「これ、トンネルにしよう!」と、組み合わせて遊ぶ様子が見られました。周りの友達も新しい発見を喜び、遊びをどんどん展開することができました。
年長ゆり組ではたくさんの積み木を使い、お城や忍者屋敷をイメージして作っていました。初めは一人一人の作品でしたが、「なんだかディズニーランドみたい!」という友達の発言から会話が広がり、全部の作品を繋げて大歓声が上がりました。友達と協力して作り上げる楽しさが育ってきています。
夢中になって遊んでいるとだんだん空が暗くなり、天気の変化に気付いた友達が窓の外をじっくり眺めていました。みるみるうちに雨が降り、大風・大雨に雷と、天気の移り変わりを興味深く観察していました。中には雷様におへそを取られるのではないかと心配する子もいましたよ。
「雷の本ってどこかなかったかな?」と先生の問いかけに、ひまわり組さんが「絵本コーナーの、“しぜん”ってところにあるよ」と意気揚々と絵本コーナーに向かい、雷に関する本や図鑑を持ってきて、変化する空と照らし合わせて見ていました。「この本とおんなじ色の空だ!」「雷は電気なんだよ」と発見したり知っている知識を知らせたりと、今日の天気の変化は子供達にとって良い経験となりました。
これからもWAKUWAKU SATURDAYでは、じっくりと遊び込める貴重な時間にしていきたいと思います。
お問い合わせはこちら 0120-151-944